セキュリティー・ユーザー管理


  • キーボード操作でマウスポインタを動かしたい

 Windowsを利用する場合には,マウスは必須のポインティングデバイスだ。しかし,文字入力をしている際にちょっとした操作のために,キーボードから手を放すのを面倒と感じることがないだろうか。「Ctrl」キーなどと組み合わせて使うショートカットキーを使っても,マウスポインタまでを動かすことはできない。

 そこで,キーボードの操作でマウスポインタを動かすためには,コントロールパネルから「ユーザー補助」の「マウス」タブを開いて,「マウスキー機能を使う(M)」のチェックをオンにしよう。これでテンキーを使ってマウスポインタを操作できるようになる。もちろん,通常のマウス操作もできるため心配はない。ただし,数字の入力はテンキーは使えなくなるので注意が必要だ。

 なお,「NumLock」ボタンを押してキー上のランプを消した状態にすると,数字の入力が不可能になってしまうが,マウスキー機能を使わずともテンキーで上下左右へマウスカーソル移動のみが可能となる。

画面
コントロールパネルから「ユーザー補助」を起動し,「マウス」タブを開いて「マウスキー機能を使う(M)」にチェックを入れてOKをクリックする。これでテンキーによるマウス操作が可能になる

表■キー操作の対応

キー
内     容
0
ボタンを押す
.
ボタンを離す
1
左下移動
2
下移動
3
右下移動
4
左移動
5
クリック
6
右移動
7 左上移動
8 上移動
9 右上移動
+ ダブルクリック
/ 左ボタン
* 両方のボタン
- 右ボタン

[森川拓男,ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -