システム・環境設定


  • 回復コンソールって何?

 WindowsXPに重大なエラーが発生してSafeモードでも起動できないような場合,回復コンソールで起動して,起動環境の復元やファイルの救出などを行なえる。回復コンソールを使えば,コマンドプロンプトといくつかのディスク修復コマンドが利用可能だ。

 回復コンソールは次の手順で導入できる。まず,WindowsXP CD-ROMをセットして,スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択する。そのあと,CD-ROMドライブのドライブレターが「I:」ならば,「I:\i386\winnt32 /cmdcons」を実行する。セットアップが完了すると,次回起動時からブートメニューに「WindowsXP回復コンソール」が加わる。また,WindowsXP CD-ROMから起動してWindowsXPのセットアップを開始し,途中のメニューで「修復または回復オプション」を選択したあと,さらに「C」キーを押すことでも回復コンソールは起動できる。

 なお,回復コンソールを利用してもWindowsXPが完全に修復できるとは限らない。あくまでも再インストールの前の,ファイルをサルベージするための手段として考えたほうがよいだろう。Windowsを修復したい場合は「起動しなくなったWindowsXPを修復する」Tipsの手順で試してみよう

画面
ファイル名を指定して実行からコマンドを実行する。CDドライブがIだった場合,「I:\i386\winnt32 /cmdcons」となる

画面
回復コンソールを続けるかの問い合わせ画面が出るので,問題がなければ「はい」をクリックする

画面
正しくインストールすると,メッセージが出るので確認したらOKをクリックしよう。これで,ブートメニューに回復コンソールが追加される

[森川拓男,ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -