Tips記事
» 2002年03月01日 00時00分 UPDATE

WindowsXP再インストール時にプロダクトアクティべーションを回避したい

[今藤弘一,ITmedia]

 WindowsXPはご存じの通り,インストール後にマイクロソフトからの認証(プロダクトアクティべーション)を受けないと,30日しか利用できないようになっている。WindowsXPが不安定になったなどの理由で再インストールしても,もう一度認証を受けなければならないので面倒だ。これを回避するためには,「\Windows\System32」ディレクトリにある「wpa.dbl」をバックアップして保存しておき,再インストール後に同じフォルダへコピーすればよい。

画面
wpa.dblは,デフォルトでインストールした場合は「C:\Windows\System32」にあるので、適当なディレクトリにコピーする。再インストール後にF8キーを押して、Safeモードを選択して起動し、それから上書きコピーしよう。これで再アクティベーションは回避できる。wpa.dblはシステムファイルのため、通常起動から上書きすると、自動的にデフォルトのファイルに戻されてしまうので注意しよう

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -