Tips記事
» 2002年08月23日 17時16分 UPDATE

シャットダウン時のログを取りたい

[記名なし,ITmedia]

 次期サーバソフトである「Windows .NET Server」シリーズには、シャットダウン時のイベント追跡ツールが搭載されているが、WindowsXP Professionalならば、これを利用することができる。予定外のシャットダウンなどが起きた場合にはエラーコードが表示されるので、マイクロソフトにエラー報告を行うなどの対応が取れるわけだ。会社などで常にパソコンの電源をOnにしているときでも、自分が席にいないときにシャットダウンしたり、再起動したかといったログも残せるので便利だ。

 イベント追跡ツールを有効にするためには、まずは「Windows2000と同じようにログオンしたい」Tipsの手順に基づいて、「ようこそ」画面をOffにしてから、グループポリシーを設定する必要がある。

画面
まずは「Windows2000と同じようにログオンしたい」Tipsの手順に基づいて、「ようこそ」画面をOffにしたら、スタートメニューにある「ファイル名を指定して実行」に「gpedit.msc」と入力して、グループポリシー画面を起動する

画面
「コンピュータの構成」−「管理用テンプレート」−「システム」にある「シャットダウン イベントの追跡ツールを表示する」をダブルクリックする

画面
「有効」をクリックしたあと、「シャットダウン イベントの追跡ツールの表示」のプルダウンメニューから「常に表示する」を選択する

画面
あとは、シャットダウンや再起動を行うときには、このメニューが表示されることになる。「その他(計画済)」を選んで再起動するためには、「説明」欄に理由を記述しないとOKボタンがハイライトされない

画面
シャットダウンログは「管理ツール」−「イベントビューア」の「システム」に記録されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -