Tips記事
» 2002年09月12日 16時13分 UPDATE

レジストリキーの種類

[中嶋康博,ITmedia]
 「レジストリキーの意味」Tipsでは、レジストリツリーのルートキーについて解説した。今回はそれぞれのキーで設定できる、「REG_SZ」などのレジストリキーのデータ型について解説しよう。

・REG_BINARY(バイナリ値)
未加工のバイナリデータのこと。ほとんどのハードウェアコンポーネント情報は、バイナリデータとして格納され、レジストリエディタでは16進形式で表示される

・REG_DWORD(DWORD値)
4バイト長の数で表現されるデータのこと。デバイスドライバやサービスの多くのパラメータは、この型を使用する。レジストリエディタでは2進形式、16進形式、または10進形式で表示されることがある

・REG_EXPAND_SZ(展開可能な文字列値)
可変長データ文字列のこと。このデータ型にはプログラムやサービスでデータを使うときに解決される変数が含まれる

・REG_MULTI_SZ(複数の文字列値)
複数行文字列のこと。人間が判読できる形式の一覧や複数の値を含む値は、通常このデータ型を使用する、エントリはスペース、カンマ、またはその他の記号で区切られる

・REG_SZ(文字列値)
固定長テキスト文字列のこと。プレーンテキストで表示される

・REG_FULL_RESOURCE_DESCRIPTOR
ハードウェアコンポーネントまたはドライバのリソース一覧を格納するように設計された、ネストした配列

画面
レジストリエディタの右側画面で右クリックしたときに、選択できるデータ型の種類が表示される

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ