キーワード
» 2008年05月21日 00時00分 公開

情報マネジメント用語辞典:エンハンス(えんはんす)

enhance / システムエンハンス / エンハンスメント

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 現行システムに手を加えて、性能や品質の強化・向上を図ったり、新たな機能の追加・拡張を行ったりすること。プログラムの修正のほか、外付けシステムの追加開発、データベースやミドルウェアのチューニング、ハードウェアの追加・置き換えなど、さまざまな手段が含まれる。

 稼働中のコンピュータ・システムに対するエンハンスは、追加・拡張部分の品質だけではなく、変更・改修が既存部分にマイナスの影響を及ぼさないように、要求・設計・実装の各レベルで綿密な調査が不可欠である。また、「顧客から苦情が来ているので早期に性能向上をしてほしい」「競合企業が始めた新サービスに対抗するため、新機能を追加したい」というような、ビジネスに直結した改変要求であることが多く、タイムリーな対応が求められる。

 また、ソフトウェアやハードウェアの製品においては、一般にバージョンアップよりも小規模な“機能拡張”や“性能強化”を意味することが多い。追加することで既存製品の機能を拡張するようなオプション製品を指す場合もある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -