ニュース
» 2008年10月21日 00時00分 UPDATE

他社DBからもデータ取得可能:MS、無償のレポート作成ツール発表

[垣内郁栄,@IT]

 マイクロソフトはさまざまなデータベースに蓄積された経営データなどからグラフィカルなレポートを簡単に作成できるツール「Report Builder 2.0 日本語版」を無償提供すると10月20日に発表した。同社の「Microsoft SQL Server 2008」と連携して動作する。

 マイクロソフトはこれまで「Business Intelligence Development Studio」など開発者向けのレポート作成ツールをSQL Server 2008で提供してきたが、Report Builder 2.0は一般ユーザーが対象。「Microsoft Office 2007」と同様のリボン インターフェイスを採用し、SQL文を知らなくても選択クエリを生成できるウィザードなどを備えた。一般ユーザーでも多次元の表形式、グラフ、チャート、ゲージを使ったグラフィカルなレポートをセルフサービス方式で作成できるという。

 データソースとして利用できるのはOLE DB/ODBCに対応したデータベースで、SQL ServerのほかにOracle Database、SAP NetWeaver BI、Hyperion Essbase、Teradataなどを含む。

rb01.jpg 「Report Builder 2.0 日本語版」で作成した表組みのレポート。ドリルダウンしてデータの詳細を分析できる
rb02.jpg グラフやゲージを使ったレポート。Webサーバにパブリッシュすれば同様の内容をWebブラウザで閲覧できる
rb03.jpg 選択クエリの生成画面。レポートに利用するテーブルを選択する

 作成したレポートはExcelやWord、PDFの文書フォーマットに変換して電子メールなどで送信できる。加えて、SQL Server 2008の「SQL Server 2008 Reporting Services」機能を通じて、ほかのユーザーにWebブラウザで見てもらうことができる。「Office SharePoint Server」にレポートをパブリッシュしてほかのユーザーと共有することも可能だ。

 マイクロソフトによるとReport Builder 2.0は「次期SQL Server『Kilimanjaro』のロードマップの1つ」。2009年にプレビュー版の公開、2010年上半期に製品版の提供を予定しているKilimanjaroでは、セルフサービス型ビジネス・インテリジェンス環境の提供を目指している。Report Builder 2.0の提供はその実現に向けた第一歩との位置付けだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ