連載
» 2010年01月13日 12時00分 公開

MS Projectで学ぶプロジェクトマネジメント(1):MS Projectで学ぶプロジェクトマネジメントの基本 (1/3)

現在、IT業界の仕事のほとんどはプロジェクト形式で動いている。そこで、本連載ではプロジェクトで最も重要といえる進ちょく管理について、プロジェクトマネジメントツールの標準ソフトウェアといえる「Microsoft Project」の使い方を、具体的に分かりやすく紹介していく。

[新谷健司,トーマツイノベーション]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 近年、IT業界で働いている方は「プロジェクト形式で仕事をしている」という方がほとんどではないでしょうか。

 数あるプロジェクトの中には、うまくいくプロジェクトもあれば、失敗するプロジェクトもあります。では、なぜそのような差が生まれるのでしょうか?

 原因にはいろいろな理由が挙げられますが、大きな理由の1つに「プロジェクトマネジメントがうまくいかなかった」という点が挙げられます。

 IT業界で働く方にとって、プロジェクトマネジメントの技術を身に付けることは必須であるといっても過言ではないでしょう。

 プロジェクトを成功に導くためのプロジェクトマネジメントの方法論は、以前の連載の中でご紹介いたしました。

 その際、「具体的なプロジェクトマネジメントツールの使い方を教えてほしい」とのご要望をいただきましたので、本連載では、全世界で1万社が採用し、2000万人が利用しているプロジェクトマネジメントツールの代表格「Microsoft Project」(以下、MS Project)の便利な使い方を、分かりやすく解説しようと思います。

復習:そもそもプロジェクトとは?

 MS Projectの話に入る前に、そもそも「プロジェクトとはどのようなものなのか?」を整理してみましょう。

 プロジェクトマネジメントのスタンダードである「PMBOK(the Project Management Body Of Knowledge)」は、プロジェクトを「独自のプロダクト、サービス、所産を創造するために実施される有期性の業務である」と定義し、通常の業務(定常業務)と区別しています。

 皆さんの仕事は、「独自のものを作り出す(サービスを提供する)、明確な終了条件のある仕事」でしょうか。それとも、「日々同じことを繰り返す仕事」でしょうか。前者がプロジェクトと呼ばれる仕事です。

 では、プロジェクトマネジメントとは、何をすることでしょうか。PMBOKでは大きく分けて9つの仕事が定義されています。

  • 時間管理(タイムマネジメント)
  • リスク管理
  • 品質管理
  • コスト管理
  • 統合管理
  • コミュニケーション管理
  • 人的資源管理
  • 調達管理
  • スコープ管理

 この定義の通り、プロジェクトマネジメント者はいろいろな仕事をしなくてはなりません。では、プロジェクトマネジメント製品である「MS Project」では、これら仕事のすべてをサポートしてくれるのでしょうか。

 実は、MS Projectが最も力を発揮するのは、スケジュール管理(※)です。「スケジュール管理ツール」と呼んでもよいかもしれません。

 スケジュール管理はプロジェクトマネジメントの中でも、最も重要な仕事の1つです。特に、プロジェクトの規模が大きくなると、「誰が何をいつまでにやらないといけないのか?」のすべてを把握し、監視し続けることは非常に難しくなります。MS Projectでは、そんな重要なスケジュール管理を強力にサポートします。


PMBOKでいう、時間管理全体と人的資源管理の一部を含む


 ここからはスケジュール管理を、MS Projectが活躍する

  1. スケジュールの作成
  2. 人の割当
  3. 進ちょく管理

の3つと定義し、分かりやすくするため「カレーライスの調理」を例にして、時系列で解説します。

 なお、この連載は全3回ですが、今回の第1回では全体の流れをお伝えし、残りの2回で、スケジュール作成、人の割り当て、進ちょく管理の部分について、詳細に解説していきます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -