ニュース
» 2004年06月01日 13時00分 UPDATE

キヤノン、縦型IXY DVや14倍ズーム機など220万画素DVカメラ2機種

キヤノンが、縦型「IXY DV M3 KIT」や光学14倍ズーム機「FV M20 KIT」など2.2メガピクセルCCD搭載DVカメラ2モデルを発表。高画素CCDを生かした動画/静止画撮影が行えるほか、高画質化エンジン「DIGIC DV」、RGB原色フィルターなどを搭載した。

[西坂真人,ITmedia]

 キヤノンは6月1日、DVカメラ新製品として2.2メガピクセル機2モデル「IXY DV M3 KIT」「FV M20 KIT」を発表した。価格はオープンで実売価格(発売時期)は、IXY DV M3 KITが12万円前後(7月中旬)、FV M20 KITが11万円前後(6月中旬)となる見込み。

photo スタイリッシュな縦型モデル「IXY DV M3 KIT」(左)と、高倍率ズーム機「FV M20 KIT」(右)

 IXY DV M3 KITは昨年7月に発表したIXY DV M2 KITの後継機、FV M20 KITは今年3月に発表したFV M100 KITの上位モデルとなる。

photo

 両機種ともに1/3.4インチ総画素数220万画素CCDを搭載し、幅広い階調表現で動画/静止画ごとに最適処理を行う独自映像エンジン「DIGIC DV」で高画質化。RGB三原色のまま感知して出力するRGB原色フィルターを採用した。「一般的な補色フィルターに比べて、より鮮やかな色再現性を可能にする。人が潜在的に心地よいと感じる“記憶色”を再現できる」(同社)

photo 両機種ともにバッテリー/充電器/ACアダプタ/リモコン/ケーブル類/アプリケーションCD-ROMをセットにしたオールインワンタイプ

 高画素な2.2メガピクセルCCDを活用して、16:9の高解像度ワイドTVモードでは手ブレ補正OFF時150万画素分(1632×918ピクセル)、手ブレ補正ON時138万画素分(1568×882ピクセル)のエリアを使用して高精細なワイド映像を撮影できる。4:3の通常画面の場合は123万画素分(1280×960ピクセル)を使って記録。

 また、静止画は200万画素での記録が可能で、最大1632×1224ピクセルの画像が撮影できる。静止画記録はSDメモリーカードを使用。メカニカルシャッター併用で奇数/偶数フィールドを同時取得し、ビデオ用CCDながら高品位な静止画撮影が行えるという。

 縦型スタイリッシュなIXY DV M3 KITは、光学10倍ズームレンズを搭載。強い直射日光下でも絞り値を高めずに高解像感を維持できる「新NDシステム」を装備した。

photo IXY DV M3 KIT

 またPCへの映像転送は、高速なUSB2.0ハイスピードモードに対応した。サイズは約53(幅)×107(高さ)×101(奥行き)ミリと、前モデル(IXY DV M2 KIT)に比べて高さを10ミリ小型化。重さは本体約470グラム、撮影時約530グラム。

photo

 また、従来機の4倍の明るさを持ち、1.5メートル離れた被写体の暗闇でのカラー撮影が可能なミニビデオライトをレンズ右下に装備。近接撮影(3〜30センチ)で被写体に影が生じない無影撮影が行えるリングライトアダプターを標準で同梱した。

photo 無影撮影が行えるリングライトアダプターを標準で同梱
photo リングライトアダプター使用時(左)と未使用時(右)

 横型コンパクト機のFV M20 KITは、非球面レンズを使った新開発の光学14倍ズームレンズを搭載。テレ端で最大700ミリ相当(35ミリ判換算)の高倍率撮影が行える。

photo FV M20 KIT

 マニュアル焦点操作が可能なフォーカスリングを備えたほか、IXY DV M3 KITと同様に強い直射日光下での解像度低下を防ぐ「新NDシステム」を搭載した。

photo マニュアル焦点操作が可能なフォーカスリングを装備

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.