ニュース
» 2011年09月27日 18時04分 UPDATE

ボーズ、サウンドバータイプの“1.1chシアターシステム”を発表

ボーズは、フロントサラウンドシステム「Lifestyle 135」および「CineMate 1SR」を9月末に発売する。スピーカーアレイの両サイドに独自のフェーズガイドを設け、ワイドな音場を実現した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ボーズは9月27日、フロントサラウンドシステム「Lifestyle 135 home entertainment system」および「CineMate 1SR digital home theater speaker system」を発表した。いずれもスピーカーアレイ内蔵のサウンドバーと、低音を担当するAcoustimassモジュールで構成される「1.1chのホームシアター」(同社)。9月30日からホーズ製品取り扱いディーラーおよび直営店、直販サイト「ホーズ・オンラインストア」で販売する。

ts_bose020.jpgts_bose021.jpg 「Lifestyle 135 home entertainment system」(左)と「CineMate 1SR digital home theater speaker system」(右)。Lifestyle 135には、コンソールおよびiPod/iPhoneドックが付属する

 CineMate 1SRは、テレビと光デジタルケーブル1本で接続するシンプルなサウンドシステム。一方のLifestyle 135は、ドルビーTrueHDのデコーダーや4つのHDMI入力、AM/FMチューナーなどを備えたコンソールユニットが付属する高機能タイプだ。価格は、CineMate 1SRが18万600円、Lifestyle 135は29万9250円。

 昨年11月に発表したディスプレイ一体型サウンドシステム「VideoWave system」に採用された「フェーズガイド・サウンド・ラジエーター」技術(PhaseGuide sound radiator technology)を応用した。フェーズガイドは中高域を担当する棒状のユニットで、先端部の方向に極めて指向性の高い音を放出できるのが特長。これをスピーカーアレイの両サイドに設けることで、壁の反射を利用したワイドな音場を実現した。

 「フェーズガイドと独自のTrueSpaceデジタル・プロセッシング回路の連動により、たった1本のスピーカーアレイで、スピーカーのない場所からも音が聞こえ、広がりのあるサウンドを楽しめる」(米Boseの新製品担当マネジャー、Frank Croghan氏)。

ts_bose02.jpgts_bose03.jpg フェーズガイド・サウンド・ラジエーターの実物を持つFrank Croghan氏(左)。デモ用のフェーズガイド(右)。音が放出されるのは側面のメッシュ部分だけのはずだが、先端方向に向けて極めて指向性の高い音が放出される

小型化とワイヤレスで設置性を向上

 Acoustimassモジュールは、193(幅)×282(高さ)×373(奥行き)ミリと従来機に比べて小型化された。またサウンドバーを含めた各ユニットを独自の無線技術でワイヤレス接続とすることで、設置の柔軟性を高めている。各ユニットに電源ケーブルは必要になるものの、配線の数を減らし、Acoustimassモジュールを目立たない場所に設置することもできる。

ts_bose010.jpgts_bose011.jpgts_bose012.jpg 「Lifestyle 135」。Acoustimassモジュールは小さくなった

ts_bose030.jpgts_bose031.jpg 壁掛け設置の例

 もう1つのユニークな機能が、サウンドバーの「フレックスマウント」(FlexMount sutomatic placement compensation)だ。こちらは、サウンドバーがテレビ画面にかかってしまうようなケースで、スピーカーの開口部を上を向けて設置することで高さを抑えるというもの。スピーカーアレイの設置角度は自動的に検知され、状態に応じて自然なサウンドになるよう音場を自動調整するという。

ts_bose04.jpgts_bose06.jpg サウンドバーの高さは124ミリだが、寝かせて設置すると61ミリまで低くなる。このときスピーカーの開口部は上向きとなるが、音場補正が自動的に働く

 このほか、既存のLifestyleシリーズ同様、自動音場補正機能の「ADAPTiQ」も搭載。部屋の大きさが形はもちろん、家具の配置までを解析し、室内の音響特性に合わせて音場を調整する。

 「開発にあたり、われわれは2種類の研究を行った。1つは本物の音を届けるための新しい技術。もう1つは、日本の住環境とホームシアター市場を理解することだ。(設置の柔軟性により)日本市場で人気のラックシアター製品よりもはるかに優れた製品をお届けできる」(米Boseのホームエンターテインメントディビジョン担当シニアバイスプレジデント、Phil Hess氏)。

ts_bose01.jpg 米BoseのPhil Hess氏

 主な仕様は下表の通り。

製品名 Lifestyle 135 home entertainment system CineMate 1SR digital home theater speaker system
カラー(サウンドバー部分) ダークシルバー ブラック
対応音声フォーマット Dolby TrueHD、DTS Digital Surround、MPEG-2 AAC、リニアPCM 5.1ch Dolby Surround、DTS Digital Surround、MPEG-2 AAC、リニアPCM
映像/音声入力 HDMI×4、コンポーネント×2、コンポジット×3、光デジタル音声×3、同軸デジタル音声×3、アナログ音声×4 光デジタル音声×2、同軸デジタル音声×2、アナログ音声×1
価格 29万9250円 18万600円
発売日 9月30日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.