ニュース
» 2012年01月18日 22時39分 UPDATE

日立マクセル、iVプレーヤーの新製品「VDR-P200」を発売

日立マクセルは、iVプレーヤーの新製品「VDR-P200」を発表した。iVDRスロットを搭載していないテレビでも録画した番組を楽しめる。

[ITmedia]
Photo iVプレーヤー「VDR-P200」

 日立マクセルは、カセットHDD「iV」(iVDR)に録画した番組を再生できるiVDRプレーヤー「VDR-P200」を1月20日に発売する。価格はオープンで、参考価格は1万3800円。

 日立“Wooo”シリーズや同社製iVレコーダーなどで録画した番組を持ち運び、iVDRスロットのないテレビでも視聴できるのが特長。HDMI出力とコンポジットビデオ出力を備えているため、さまざまなテレビに接続できる。再生専用とすることで価格を抑えた。

 付属のリモコンはシンプルなデザインで、再生や一時停止、早送り/早戻しといった基本操作が可能。また、より分かりやすくするためにテレビ画面に簡易操作ガイドを表示することも可能だ。

 本体サイズは、突起部を除き230(幅)×41(高さ)×170(奥行き)ミリで、重量は約750グラム。

PhotoPhoto シンプルなデザインのリモコン(左)。テレビ画面に簡易操作ガイドを表示できる(右)

関連キーワード

日立マクセル | iVDR | 録画 | リムーバブルHDD | Wooo


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.