ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月21日 08時49分 UPDATE

IBMとRIM、BlackBerry向けLotus機能と開発ツールを発表

BlackBerryのユーザーはLotus Symphonyの文書が使用可能になり、開発者はBlackBerry向けLotus関連ソフトの開発が容易になる。

[ITmedia]

 米IBMとカナダのResearch In Motion(RIM)は1月19日、RIMのBlackBerryで、IBMが提供するLotusの新しいコラボレーション機能と開発者向けツールが利用可能になると発表した。

 年内にBlackBerryでOpen Document Format(ODF)をベースとしたLotus Symphonyの文書が使用可能になる。追ってプレゼンテーションやスプレッドシートにも対応するという。また文書や写真、ビデオの検索、共有、共同作業を可能にするコラボレーションソフトLotus Quickr、ブログやコミュニティーなどへのアクセスを提供するLotus ConnectionsもBlackBerryで使用できるようになる。

 開発者向けには、BlackBerryプラットフォームのIBM Lots Domino DesignerとXPagesのサポート、Eclipse向けBlackBerry JDEのIBM Lotus Domino Designerへの組み込みを発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.