ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
» 2017年11月13日 07時45分 公開

ソフトバンクのUberへの大規模出資、間もなく発表か──Bloomberg報道

ソフトバンクグループがパートナー企業と共に、Uberに10億ドルを出資し、90億ドル相当の株式を買収する取引が間もなく発表されるとBloombergが情報筋の話として報じた。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループと米Uberとの100億ドル(約1.1兆円)規模の取引が間もなく成立すると、米Bloombergが11月12日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。両社はここ数週間交渉し、12日に契約に署名すると情報筋は語った。

 uber 1

 ソフトバンクは米投資会社Dragoneer Investment Groupなどと共に少なくとも10億ドルを出資し、最高90億ドル分のUberの株式をテンダーオファーで買収するという。株式買収にはDST Globalや中国のTencentなども参加すると情報筋は語った。

 uber 2 トラヴィス・カラニック前CEO

 この取引の条件として、大株主Benchmark CapitalによるUber創業者で取締役のトラヴィス・カラニック氏の提訴の保留が含まれるという。取引成立後、Benchmarkは訴訟を取り下げる見込みだ。カラニック氏は自身の取締役としての地位を保てる。

 ただし、テンダーオファーの成立も前提条件になっており、ソフトバンクとそのパートナーらが同社の15%以上の株式を獲得できなければ頓挫する可能性があると米Recodeは報じた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング