ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年12月18日 23時24分 公開

マストドンつまみ食い日記:Patreon、新料金体系への移行を撤回

しかし、既に去ったパトロンも数多い。

[松尾公也,ITmedia]

 クリエーター向けパトロネージシステムのPatreonは12月8日に発表した新料金体系を撤回した。新システムへは18日に移行する予定だったが、Patreonは13日に撤回を発表。「多くのクリエイターがパトロンを失い、収入を減らしたことはお詫びのしようもない」とCEOのジャック・コンテ氏は謝罪した。

photo

 新料金体系はクリエイターの取り分が増えるということだったが、マストドンプロジェクトへのPatreonを経由した支援で生計を立てているオイゲン・ロチコさんはパトロンを失い、収入が減るだけと痛烈に批判。Patreonを使いたくない支援者はLiberapayから寄付することを提案した。

 コンテCEOは、利用者とのコミュニケーションが不足していたことを認め、1-2ドルのパトロンにとって不利益が生まれたこと、アグリゲーションに価値があることを分かっていなかった点、ビジネスの決定権はPatreonではなくクリエイターにある、と今回の料金システム改定が誤っていたポイントを列挙した。

 しかし、いったん去った支援者がクリエイターの元に戻ってくる保証はない。信頼回復にはしばらく時間がかかりそうだ。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.