ニュース
» 2006年11月06日 22時45分 公開

IE 7のカスタマイズバージョン、国内第1弾はヤフー向け

IE 7のカスタマイズバージョンが国内でも登場した。第1弾はYahoo!JAPAN向けだ。マイクロソフトによると、ほかのカスタマイズバージョンについても「リリースされる可能性がある」。

[鷹木創,ITmedia]

 ヤフーは11月6日、「Yahoo!JAPAN向けInternet Explorer 7」を公開した。Windows XP SP2をサポートし、同社サイトから無料でダウンロードできる。

 Yahoo!JAPAN向けInternet Explorer 7は、マイクロソフトの開発ツール「IEAK(Internet Explorer Administration Kit)」を利用して、Yahoo!JAPAN向けに最適化したIE 7だ。米Yahoo!でも同様の試みを行っている(10月19日の記事参照10月20日の記事参照)。

 「検索バー」では、Web検索をはじめとした画像、動画、ブログなどのYahoo!検索を初期設定から利用できる。また、Yahoo!知恵袋やYahoo!オークションの検索も選択できるように組み込まれている。また、Yahoo!ツールバーもインストール済み。同ツールバーの特徴であるYahoo!メールの新着チェックやYahoo!オークションの入札状況確認などが初期状態から利用できるわけだ。

 このほか、起動時にYahoo!JAPANのトップページ、Yahoo!オークション、My Yahoo!を表示する。「お気に入り」にはYahoo!JAPANの各種サービスも登録されている。

 なお、IE 7をカスタマイズするためのIEAKを入手するには、マイクロソフトと何らかの契約を締結する必要がある。同社では、Yahoo!JAPAN以外のサイトに特化したIE 7のカスタマイズバージョンについて「現状で公にできる情報はない」としながらも、「リリースされる可能性はある」とコメントした。

23:30追記 

 ヤフーは、「Yahoo!JAPAN向けInternet Explorer 7」の公開をいったん中止した。公開後にアクセスが集中したため、サーバに不具合が発生したという。現在、サーバは復旧しているが、Yahoo!JAPANトップページからの誘導は中止している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ