連載
» 2007年02月01日 11時55分 公開

みんなで毎日1ハック【問題編】シゴトハック研究所

仕事の効率をアップするシゴトハック。タカフミ君は、毎週新しいハックを考えて実行することを目標に掲げています。

[大橋悦夫,ITmedia]
   マンガ:ふじたきりん

 今日はノリオプロジェクトの週次進捗ミーティングの日。「オリジナルなシゴトハックを毎週1つずつ考えて実行する」を今年の抱負に掲げたタカフミ君(1月18日の記事参照)が、これを実践するにはどうすればよいかについてミーティングの中で話し合っています。

タカフミ君 今年の抱負として公言してしまったからには継続させたいんですけど、どうすれば、途中でくじけずに続けられますかね。

ヒロシ主任 どうだろう、時々私が「あれ、やってる?」って聞こうか?

タカフミ君 おお、リアルなリマインダーですね! いいかも。

ヒロシ主任 そしたら、「Remember The Milk」に「タカフミ君に話しかける」っていうリマインダーを設定しておこう。毎朝9時がいいかな。

タカフミ君 リマインダーのリマインダーですか!

ノリオ課長 せっかくだからヒロシ主任も一緒にやったらどうだい?

タカフミ君 じゃ、ノリオ課長も是非いかがですか?

ノリオ課長 やっぱりそうなるよな……。よし、そしたらプロジェクトメンバー全員でやろう。週に1度といわず、毎日ちょっとしたハックをみんなでシェアするというのはどうだろう。

タカフミ君 すごい! そうなると毎日メンバーの数だけハックが集まりますね。えーと、全部で6人いるから1週間に30個!

ノリオ課長 じゃぁ、具体的にはどういう風に進めたらよいかな?

タカフミ君 そうですね。1つアイデアがあります。

 ということで、タカフミ君が「みんなで毎日1つずつシゴトハックを考えてシェアする方法」についてのアイデアを話し始めました。

ノリオ課長 うん、それならいけそうだね。みんなも異存はないかな? ヒロシ主任はどう?

ヒロシ主任 ええ、よいと思います。

ノリオ課長 そしたら決まりだ。さっそく今日から始めようか。

筆者:大橋悦夫

仕事を楽しくする研究日誌「シゴタノ!」管理人。日々の仕事を楽しくするためのヒントやアイデアを毎日紹介するほか「言葉にこだわるエンジニア」をモットーに、Webサイト構築・運営、システム企画・開発、各種執筆・セミナーなど幅広く活動中。近著に『スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術』『「手帳ブログ」のススメ』がある。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ