ニュース
» 2008年04月28日 08時30分 公開

続々々・本のページを開いたまま固定する3分LifeHacking

本を開いたまま入力作業を行うのに便利な「ブックストッパー」。今回はその“ライバル”ともいえる製品を紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]
製品パッケージ。この手の製品に珍しい国産だ

 本連載でも以前紹介した「ブックストッパー」。本を開いたまま固定し、参照しながらPCの入力作業などを楽に行うためのグッズだ。

 今回紹介するのは、これとほぼ同じ役割をもつ「BookClip」だ。商品名から分かるとおり、本専用に作られたクリップで、やはり本の両側を挟んで固定する。

 ブックストッパーは両側に可動式の重りがついており、机上にぴったりと接地できることが特徴だった。また、重りをスタンドとして用いることで、ちょっとしたメモスタンドとして用いることもできた。本製品は可動部分がなく、たんに本を挟み込むための機能しか持たないが、そのぶん耐久性があり、多少手荒に扱っても問題ない。

横から見たところ。構造としてはごく一般的なクリップと変わりはない

 特に、挟む部分の幅が約12センチ程度と広いことから、ちょっとした衝撃でページが外れてしまうといったことがない。クリップ部の幅がおよそ1センチ程度しかなく、ページの反発力で外れやすかった従来製品にはないメリットだ。そのため、判型の大きな本を固定する用途においては、ブックストッパーよりもむしろ本製品のほうがお勧めであると言える。

幅が広いことから、安定性の面ではブックストッパーよりも本製品のほうが優れているように感じられる

 クリップの内側、本に接触する部分はフェルト素材が用いられており、本を傷める心配も少ないなど、細かいところにも工夫が行き届いている。販売は1個単位だが、本の両端を固定することを考えると、2個単位で買い求めるのがよいだろう。

本日のレシピ
製品名 実売価格 発売元
BookClip 840円 プラムネット

関連キーワード

便利 | LifeHack(ライフハック) | 工夫


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ