ニュース
» 2008年10月02日 12時56分 公開

マルマンの表紙を自由に替えられるノート 第2弾はチェコとフィンランド仕事耕具

マルマンは、表紙を自由に替えられるノートシリーズ「EUROLINE(ユーロライン)」の第2弾として、「チェコ」「フィンランド」デザインのファイルノートとリングノートを発売した。Web上の特設サイトから、40種類のWeb限定表紙をダウンロードして使用できる。

[杉本吏,ITmedia]

 マルマンは10月1日、表紙を自由に替えられるノートシリーズ「EUROLINE(ユーロライン)」の第2弾として、「チェコ」「フィンランド」デザインのファイルノートとリングノートを発売した。価格は、ファイルノートのB5判が840円、A5判が735円、リングノートのB5判が525円、A5判が472円。

(左)ユーロラインシリーズ第2弾の「チェコ」「フィンランド」デザイン。(右)Web上の特設サイトから表紙をダウンロードして使用できる。画像はドイツデザインの10種類

 マルマンの「ユーロライン」シリーズは、表紙に透明なポリプロピレン素材を採用し、内側にポケットを装着したノート。ポケットの内側に入れる表紙を差し替えることで、自分好みにデザインをカスタマイズできる。

 表紙デザインはユーロライン(ヨーロッパ路線)の名の通り欧州各国をテーマにしており、2月に第1弾として発売した「ドイツ」「デンマーク」に、今回「チェコ」「フィンランド」の2国が加わった。1国につき4デザインを用意しており、Web上の特設サイトでは40種類のWeb限定表紙をダウンロード可能。ユーザーがプリントアウトして使用できる。

 「現地の言葉を表紙デザインに使い、陸続きの欧州を鉄道で旅するイメージをグラフィック化している」(マルマン)。今後も順次、テーマ国とWeb限定表紙のバリエーションを増やしていく予定だという。ファイルノートは背幅17ミリ、リング内径9ミリで、6ミリ罫のルーズリーフ60枚がセットになっている。リングノートは5ミリ方眼で70ページ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ