ニュース
» 2008年10月06日 16時47分 公開

“モコモコ雲”の「ドクターグリップ スカイタイム」仕事耕具

パイロットは、グリップ部に溝を入れることで柔らかさを向上した「ドクターグリップCL スカイタイム」を発売した。

[杉本吏,ITmedia]

 パイロットは、グリップ部に溝を入れることで、柔らかさを向上した「ドクターグリップCL スカイタイム」を発売した。油性ボールペンとシャープペンを用意し、価格はいずれも525円。


「スカイタイム」の製品名の通り、本体カラーは1日の空の色の移り変わりを表している。左上から時計回りに「サンライズレッド」「デイライトホワイト」「ムーンライトブルー」「ミッドナイトブラック」

 グリップのシリコンラバー内部に溝を入れた「ストライプグリップ機構」を採用。溝部分に空気が入るため、従来のソフトグリップよりも柔らかい感触が得られるという。「スカイタイム」の製品名の通り、「白いグリップ部をモコモコした雲に見立て、本体カラーは1日の空の色の移り変わりを表している」(パイロット)。

 シャープペンは、ドクターグリップの特徴である、振るだけで芯が出るフレフレ式とノック式を採用している。本体には透明な「デコレーションフィルム」が付属し、ペンで字や絵を書き込んだりシールを張ったりしてデコレーションしてから、本体の軸内部に入れ直すことで、自分だけのオリジナルデザインにカスタマイズ可能だ。

 サイズは142.0×13.8ミリ(長さ×最大径)で、シャープぺンの芯径は0.5ミリ、ボールペンのボール径は0.7ミリ。

 黒/赤/青/緑の4色ボールペンとシャープペンが1つになった多機能ペン「ドクターグリップ4+1(フォープラスワン)」も発売した。金属製の本体グリップ部を覆うシリコンラバーの厚みを増し、従来モデルよりも耐久性が向上したという。また、手の脂がしみ込みにくくなったことで、ラバーがグリップ部でくるくると回転してしまうことを防いだ。

4色ボールペンとシャープペンが1つになった「ドクターグリップ4+1」

 スライドレバー式で、サイズは148.0×14.1ミリ(長さ×最大径)で、ペン先はボール径が0.7ミリ、シャープペンの芯径が0.5ミリ。ブラック/シルバー/ホワイト/オレンジ/ブルー/ライトグリーン/ピンク/ライトブルー/シャンパンゴールド/ボルドーの10色を用意し、価格は1050円としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ