連載
» 2009年08月04日 12時25分 公開

「7つの習慣」セルフ・スタディ・ブック 第二の習慣:一生かけて取り組むべきものが分かる“自分憲法”の作り方(前編)

ミッション・ステートメントとは、自分はどうなりたいのか、どうありたいのか、何をしたいのか、行動の基礎となる価値観や原則を明確に示した「個人的な憲法」です。

[フランクリン・コヴィー・ジャパン,Business Media 誠]

「7つの習慣」セルフ・スタディ・ブック with DVD Vol.3 第二の習慣:目的を持って始める

 実りある人生を送っている人々には共通する習慣があった――1996年に発売されて以来、ビジネスパーソンをはじめとする世界中の人々に多くの影響を与えたスティーブン・コヴィーのベストセラー『7つの習慣』

 現代の日本社会に不足がちなリーダーシップを身につけるためには、「リーダーシップとマネジメントの違い」を認識することが第一歩となります。自分はどうありたいのか、何をしたいのか、自分の行動の基礎となる価値観や原則はどういったものなのかを明確に示す「ミッション・ステートメント」の重要性を説く『第二の習慣』から5編をお届けします。


 あなたが自分自身を導き、セルフ・リーダーシップを発揮するための有効な方法を1つ提案します。

 それは「ミッション・ステートメント」を作成することです。会社には企業理念があり、国には憲法が存在するのに、なぜあなた自身には、そういった指針や基準、理念、信条といったものがないのでしょうか。

 コヴィー博士もミッション・ステートメントの重要性について以下のように述べています。

 目的を持って始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法の1つは、ミッション・ステートメントを書くことである。

 ミッション・ステートメントとは、自分はどうなりたいのか、どうありたいのか、何をしたいのか、行動の基礎となる価値観や原則を明確に示した「個人的な憲法」です。ほとんどは簡潔な文章の形をとりますが、人によっては絵であったり、長文の詩や小説であったりします。要は、自分自身が本当に納得し、情熱を感じるものであれば、形態は問いません。

 ミッションとは、日本語でいうと、「使命」「信条」「理念」といった言葉で表されます。使命とは、自分は何に対して命をかけることができるのか、命をかけるところはどこなのか、ということになります。また、信条とは、固く信じている考え方、規範、理念とは異なる考え、といった意味となるでしょう。

 いずれにせよ、ミッション・ステートメントに取り組むということは、自分自身が強く信じ、一生をかけて取り組むものは何なのか、という問いに真剣に向き合うことになります。

 ミッション・ステートメントを明らかにすることによって、自分自身がどこへ向かい、何をしようとしているのかをはっきりと意識することができるようになります。

 ミッション・ステートメントは、あなたの「憲法」です。迷ったとき、どうしていいか分からなくなったとき、岐路に立ったとき、このミッション・ステートメントに立ち返り、心の底から納得できる選択を行ってください。

 また、ミッション・ステートメントを毎日見ることによって、たとえ困難なことが続いたとしても、立ち向かい、克服しようとする意志があなたの中に生まれることでしょう。ミッション・ステートメントは、あなたが迷ったとき、挫けそうになったとき、あなたの心の支えとなります。


 さらに詳しい内容を知りたいという方は、書籍『「7つの習慣」セルフ・スタディ・ブック 第二の習慣』をご覧ください。誠 Biz.IDでは次回も引き続き、ミッション・ステートメントを作るためのヒントと注意事項、コヴィー博士が挙げる「強力なミッション・ステートメントに共通する8つのポイント」をご紹介します。

勝つチームを作る「トラスト・リーダーシップ」セミナー開催のお知らせ

 フランクリン・コヴィー・ジャパンは8月20日、管理職向けセミナー「トラスト・リーダーシップ」を開催します。

 100年に1度の不況と言われる昨今、多くの企業がリストラや残業の削減を行う中で、企業と社員、上司と部下という関係における“信頼”が低下しています。本セミナーでは、フランクリン・コヴィー・ジャパンの佐藤亙(さとう・わたる)取締役副社長が、リーダーとして結果を出すために必要なチームメンバーとの信頼について、その基本原則と信頼構築のための具体的な手法をお伝えします。

 ゲスト講師にはスポーツジャーナリストの二宮清純(にのみや・せいじゅん)氏を迎え、スポーツ界においてチームメンバーとの信頼によりチームを勝利に導いた事例をご紹介しながら、スポーツとビジネスに共通する“信頼”を考えます。

開催概要
開催日程 8月20日(木)9時〜17時
対象者 管理職、プロジェクトリーダー、成果を望むビジネスパーソン
会場 椿山荘(東京都文京区関口2-10-8)
受講料 2万9400円〜4万2000円(昼食付き)※参加人数、研修導入状況により異なります
定員 300名
申し込み方法 WebサイトまたはFAX 03-3264-7407 にて
支払方法 銀行振込
問い合わせ先 TEL 03-3264-7417 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 セールス・プランニング・チーム(月〜金 9時〜17時)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -