ニュース
» 2005年08月31日 17時27分 公開

無線IP電話技術者向け「VoIPモバイル資格」を新設

[ITmedia]

 沖電気工業とNECは8月31日、「VoIPモバイル資格」を新設し、それに対応した「VoIPモバイル研修」と「VoIPモバイル試験」を同日より開始すると発表した。

 両社はIP電話普及推進センタ (略称IPTPC) における「IPTPC VoIP認定技術者資格制度」を共同で運営し、VoIP技術者教育を進めている。企業ネットワークの急速なモバイル化にともない、無線IP電話ソリューションを設計するSE力向上のための効果的な教育プログラムと、その認定資格を期待する声が高まっていることから、今回、世界に先駆けた無線IP電話ソリューション技術の認定資格と、教育プログラムを提供することになったという。

 「VoIPモバイル研修」では、無線LAN製品と無線IP電話製品を用いたVoIPシステム、無線LANネットワークを設計する技術者を対象に、モバイル通信の動向と無線LAN技術、無線IP電話システム、具体的な無線LANネットワークの設計手法などの学習機会が提供される。研修は1日間で、受講料は3万7800円。VoIPモバイル資格試験に合格すると、VoIP Certified Professionalの認定資格証明書が交付される。試験手数料は2万1000円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間