ニュース
» 2005年12月14日 10時42分 公開

京セラコミュニケーションシステム、公衆無線LANサービスでライブドアと協業

[ITmedia]

 京セラコミュニケーションシステム(以下KCCS)は12月13日、ライブドアの公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」(6月15日の記事参照)を、KCCSの統合認証サービス「NET BUREAU」およびモバイルアクセスサービス「KWINS」のオプションサービスとして、法人向けに提供開始することを発表した。

 KCCSの「KWINS」シリーズでは、PHS網を利用した「KWINS 4X」と、KDDIのCDMA 1X WIN網を利用した「KWINS 3G」(7月7日の記事参照)を提供している。今回、ライブドアとの協業により実現したオプションサービス「livedoor Wireless」プランと「KWINS 4X」、または「KWINS 3G」を組み合わせることで、「livedoor Wireless」のエリア外でも全国96パーセント以上をカバーするエリアから、モバイルアクセスが可能になる。

 「livedoor Wireless」プランの月額料金は、1IDにつき525円。KCCSから申し込むことにより、「NET BUREAU」または「KWINS」と同じアカウントでログインできる。また「NET BUREAU」の自動接続機能により、他のモバイルアクセスとシームレスに公衆無線LAN接続を行うことが可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -