ニュース
» 2005年12月14日 16時57分 公開

ロボットのリモコンも──具体化してきたZigBee

簡単にメッシュネットワークが組めるなどの特徴を持つZigBeeだが、安価で低消費電力というメリットを生かした製品のアイデアが生まれてきている。

[斎藤健二,ITmedia]

 無線LANなどと同じ2.4GHz帯を使う監視・制御用の無線通信方式ZigBeeを使った機器が、徐々に実現に近づいている。12月14日、フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンが開催したZigBeeのプレスセミナーでは、エレクトロニクス商社の丸文などが試作機を展示した。

 写真は、2軸の加速度センサーから得た信号をZigBeeを使って送信するというもの。「ロボット型のリモコンに組み込んで、ロボットを動かすと、本体の大きなロボットが同じように動く──といったことができるのではないか」と、開発を進める丸文は話す。

 ZigBeeは制御用に作られているだけあって、Bluetoothなどよりもさらに低消費電力なのが特徴だ。技術的には“乾電池だけで数カ月動作する”とうたっており、こうした玩具に最適だと丸文は見る。

 こちらはZigBeeを使って無線ドアフォンを実現しようというもの。「ドアフォンの子機を移動させたいというニーズがある。また今のドアフォンは後付けが難しい。乾電池で動いて、画像や音声も送れるのはZigBeeだけだ」(丸文)

 実は厳密にいうと、この2つはZigBeeではない。ZigBeeの物理層として使われているIEEE802.15.4を使って通信を行っている。「ZigBeeの機能に関するロイヤリティがかからなかったり、通信速度を上げたりできる」と丸文。ZigBeeを使うメリットの1つは、メッシュネットワークを簡単に構築できたり、相互接続性が確保できたりする部分だが、用途によっては独自の通信方式でかまわないことも多いという。

 フリースケールは初代のZigBeeチップを既に出荷しており、2006年第1四半期には制御CPUを同一パッケージに収めた第2世代のチップを提供する予定だ。さらに2007年前半には機能を同一チップ上に集積し、機能を向上させた製品を投入する。

IEEE802.15.4の物理層の上に、ZigBeeのプロトコルスタックが載ったものを「ZigBee」と呼ぶ。802.15.4物理層の上に、異なるプロトコルを載せて使うこともできる。丸文では東京電機大と共同で、このようにZigBeeではない802.15.4を、Silent-linkと呼ぶことを提唱している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -