ニュース
» 2006年02月17日 23時39分 公開

Broadcom、シングルチップBluetooth+FMラジオ・デバイスを発表

[ITmedia]

 Broadcomは2月13日、携帯電話およびメディアプレーヤ向けに、Bluetooth機能とFMラジオ機能を1チップに収めたデバイス「BCM2048」を発表した。

 同社のBCM2045 Enhanced Data Rate (EDR) Bluetoothチップを利用しており、Bluetooth仕様バージョン2.0の主要機能をすべてサポートするほか、次期バージョン2.1もサポートする。

 BluetoothとFMラジオの両技術をシングルチップに統合することで、携帯デバイスの開発者にとって必要なボード面積を大幅に縮小することが可能。またBluetooth/FMの統合機能を個別のコンポーネントを実装した設計よりも、消費電力を抑えることができる。

 BCM2048 Bluetooth/FM機能混載チップは、早期導入パートナー企業向けにサンプル出荷が開始されている。同社は2月13日から16日まで、スペイン・バルセロナで開催中の「3GM World Congress」で、同チップのデモンストレーションを行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -