Special
» 2006年06月23日 00時00分 公開

「Exchange+Windows Mobile デバイス」でできること Windows Mobile ビジネス活用講座――最終回: (3/4 ページ)

[PR/ITmedia]
PR

Exchange Mobile Sync

 PCとWindows Mobile デバイスを同期するときには「ActiveSync」プロトコルを利用する(連載第2回参照)。このActiveSyncを、Exchange ServerとWindows Mobile デバイスの間で行うのがExchange Mobile Syncだ。

 Exchange Mobile Syncで同期できるのは、

  1. 予定表
  2. 連絡先
  3. 仕事
  4. メール

の4つの項目である。Exchange Serverが管理しているグローバルアドレス一覧(GAL)には、ユーザーの名前やメールアドレスなどが格納されているが、Windows Mobile は、Exchange Serverに接続しているときに、GALに対する検索などが可能になる。

photo 同期するデータの指定。Exchange ServerとWindows Mobile デバイスの間では、「連絡先」「予定表」「電子メール」「仕事」の4つの項目を同期できる
photo オンライン検索機能を使うことで、Windows Mobile からExchange Serverが管理するグローバルアドレスを検索できる

 また、マイクロソフトが提供を始めたMessage & Security Feature Pack(MSFP)が適用されたWindows Mobile デバイスであれば(連載第2回参照)、さらにセキュリティ機能などが強化される。この場合は、セキュリティポリシーの適用(パスワードの長さや強さを強制する)、Windows Mobile デバイスのデータ自動消去、電子証明書を使った認証などの機能が利用できるようになる。

 セキュリティポリシーの適用は、Exchange Serverに接続するWindows Mobile デバイスがパスワードを設定することなどを強制できる。これにより、パスワードが設定されたデバイスのみがExchange Serverに接続することになり、全体のセキュリティが向上する。

photo Exchange Mobile Syncで同期する時には、Exchange Server側で指定したセキュリティポリシーを受け入れる必要がある。これにより、接続されるWindows Mobile デバイスのパスワード設定を強制できる(左)。Exchange Server側でポリシーを変更すれば、次回接続時に新しいポリシーの適用を要求される(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:インテル株式会社、株式会社ウィルコム、マイクロソフト株式会社
※記載されている会社名および商品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。記載事項は2006年6月現在のものです。

制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2006年6月30日

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -