ニュース
» 2006年07月21日 23時55分 公開

5分で分かる、今週のモバイル事情 7月15日〜7月21日:

ワイヤレスジャパン2006が開催された今週。ドコモの法人向けWindows Mobile端末「hTc Z」が注目を集めた。また、モバイルビジネス市場の規模についての調査結果が発表になった。

[吉岡綾乃,ITmedia]

ワイヤレスジャパン2006

 7月19日から21日にかけて、お台場の東京ビッグサイトで通信・ワイヤレス・モバイル機器の総合展示会「ワイヤレスジャパン2006」が開催された(特集ページ参照)

 会場では、ドコモがHSDPA端末と新サービスのデモを行ったり(7月19日の記事参照)、ウィルコムが発売間近の「W-ZERO3[es]」で利用できる周辺機器を展示するなど(7月19日の記事参照)、発表済みの製品が実際に動く様子をデモンストレーションする内容の展示が多かった。

ドコモの法人向けWindows Mobile端末「hTc Z」

 ドコモは7月31日より、台湾HTC製「hTc Z」を法人向けに発売する(7月18日の記事参照)

 hTc Zは、ドコモ初、そして日本の3G携帯としても初のWindows Mobile端末となる。2.8インチのQVGA液晶とスライド式のQWERTYキーボードを搭載し、無線LANやBluetoothなどの機能も備える。MSFP(Messaging and Security Feature Pack)に対応した最新のWindows Mobile 5.0がインストールされており、PC用メールをプッシュでダイレクト受信できる点も大きな特徴。

 なお、ドコモの法人向けフルキーボード端末としては、秋にResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry」(6月8日の記事参照)を導入することが決まっている。

ソフトバンクがMediaFLOを利用する新会社を設立

 ソフトバンクは7月18日、米QUALCOMMが開発した携帯向け放送技術「MediaFLO」の技術調査や、MediaFLOを用いた新サービスの企画をする会社、モバイルメディア企画を設立した(7月18日の記事参照)

 日本でMediaFLOを検討する企業としては、メディアフロージャパン企画という会社もある。こちらは、KDDIとクアルコムジャパンが出資して設立した会社だ。

2005年のモバイルビジネス市場は7224億円

 総務省は7月18日、平成17年分のモバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果を発表した(7月18日の記事参照)。モバイル・コンテンツ・フォーラムが調査を行ったもの。

 モバイルコンテンツ関連市場は「モバイルコンテンツ市場」と「モバイルコマース市場」の2分野が柱となっている。

市場カテゴリ 2002年 2003年 2004年 2005年
モバイルコンテンツ市場 1793億円 2133億円 2603億円 3150億円
モバイルコマース市場 1078億円 1389億円 2013億円 4074億円
モバイルコンテンツ関連市場 2871億円 3522億円 4616億円 7224億円

 着信音やゲームなどのデジタルコンテンツ配信を中心とするモバイルコンテンツ市場、携帯電話を利用した物販、サービス、トランザクション(オークションなど)で構成されるモバイルコマース市場ともに順調に伸びている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -