ニュース
» 2006年07月25日 15時34分 公開

ドコモやNTT東など、TXで商用無線LANサービス開始──8月から

つくばエクスプレスで2005年の開通以来、実証実験などを行っていた無線LANサービスがすべての路線で開通。NTTドコモが8月24日より「Mzone」「mopera U」のサービスエリアとして商用サービスを開始する。

[岩城俊介,ITmedia]

 首都圏新都市鉄道およびインテル、NTTドコモ、東日本電信電話、NTTブロードバンドプラットフォームは7月25日、つくばエクスプレス列車内における無線LAN環境の整備完了にともない、商用サービスを8月24日より開始すると発表した。

 つくばエクスプレスは、2005年8月の開業(2005年8月24日の記事参照)以来、無線LANによる列車内でのインターネット環境の整備を構築し、無線LAN接続のトライアルサービスを行ってきた(2005年8月23日の記事参照)。まもなく開業1周年を迎える7月31日をもって、列車内・駅構内を含めたすべての路線上における無線LAN環境の整備が完了するとし、NTTドコモなどが同列車内で商用サービスを始める。

 8月24日より開始するドコモの公衆無線LANサービスは、列車内を「Mzone」および「U「公衆無線LAN」コース(mopera U)」のサービスエリアとして展開する。また、NTT東日本の公衆無線LANサービスにおいても、2006年内をめどに「フレッツ・スポット」のサービスエリアとする予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -