ニュース
» 2006年10月07日 07時41分 公開

携帯エチケットを守るのは西海岸の人たち――米調査

携帯電話のエチケットに関する意識調査では、年齢だけでなく住む地域によっても「寛容度」に差があることが分かった。

[ITmedia]

 韓国Samsungの米国法人Samsung Telecommunications Americaは10月5日、携帯電話のエチケットに関する米国での調査結果を発表した。西海岸のユーザーは比較的エチケットにうるさいが、マナーを守っていると自認する人の比率も、他地域よりも高いという。

 調査によると、レストランで携帯電話を使用してもいいと考えているユーザーは、34%に上った。一方、映画館や授業中の携帯電話使用となると、この数字は10%以下。最初のデートでの携帯電話使用については、11%が「OK」と回答している。いずれの場合も年齢層が低いほど、携帯電話の使用に「寛容」な回答をしている。

 携帯電話エチケットについては、57%のユーザーが「自分は周囲にとても気を遣っている」と回答する一方、51%がほかのユーザーは「あまり周囲を気遣っていない」と評価している。

 地域別に見ると、「時と場合によっては携帯電話の利用を控えるべき」と考えている人は、西海岸では回答者の65%に上り、他地域(56〜60%)を上回る。自身のエチケットに対する評価も同様で、「周囲にとても気を遣っている」との回答は西海岸で62%と、他地域(53〜58%)よりも多かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -