ニュース
» 2006年11月13日 15時40分 公開

PHSが20カ月ぶりの前年比マイナス──JEITA 9月携帯出荷

電子情報技術産業協会(JEITA)が、9月の移動電話国内出荷台数実績を発表した。携帯電話は3G端末が前年比104.3%を記録したものの、PHSは20カ月ぶりの前年比マイナスとなった。

[遠藤学,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2006年9月の移動電話国内出荷台数実績を発表した。携帯電話とPHSを合わせた移動電話の出荷台数は、前年同月比81%の333万3000台だった。

 携帯電話の出荷台数は前年同月比81.3%の318万7000台で、3カ月連続の前年比マイナス。このうち3G端末は前年同月比104.3%の297万6000台、2G端末は前年同月比19.7%の21万台を出荷した。3G端末の比率は93.4%と、4カ月連続で90%を超えている。

 PHSは、前年同月比74.9%の14万6000台を出荷。2005年2月以降、前年同月比100%以上のプラス成長を続けていたが、20カ月ぶりのマイナスとなった。

 なお、2006年度上期(4-9月度)累計では、出荷台数が2256万4000台、前年同期比が103.1%を記録。JEITAでは「ワンセグなどの高機能機種やデザイン性の高い機器など、機種が豊富にそろったことや、割引サービスの浸透が買い替え需要を促進した」と見ている。

photo 携帯電話出荷実績の推移

photo PHS出荷実績の推移

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -