ニュース
» 2007年01月05日 16時21分 公開

ドコモ、日テレ株式の3%を取得──放送との連携強化

NTTドコモは、日本テレビ放送網の株式総数の3%を取得した。通信とワンセグ放送の相互連携が狙い。

[ITmedia]

 NTTドコモは1月4日、日本テレビ放送網の発行済株式総数の3%にあたる株式76万500株を取得したと発表した。

 昨今、ワンセグ対応携帯などへのニーズが急増し、通信と放送が相互に連携することで生じる新たな市場の拡大が見込まれている。ドコモは2007年初頭より3インチワイド液晶のシャープ製「SH903iTV」など、ワンセグ対応端末を3機種投入する予定。2006年はソフトバンクモバイルやauと比べ、ワンセグ端末のラインアップで遅れをとった同社は放送局とパートナーシップを結び、テレビと強力に連携したサービスで売り上げとユーザーを確保していきたい考え。

 なお、KDDIはワンセグのほか、デジタルラジオ対応端末を投入しFM放送局とも連携を図っている。また、デジタル放送上にIPネットワークを構築する技術「IP over デジタル放送」の投入なども予定する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -