コラム
» 2015年07月31日 17時30分 公開

日高屋の「ガッツリ飲み業界」参戦に学ぶべきこと居酒屋に対抗(2/2 ページ)

[金森努,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!
前のページへ 1|2       

 となると、たまらないのは『居酒屋チェーンは戦々恐々』と記事にあるような、旧来の居酒屋チェーンだ。日高屋に攻め込まれ、苦戦を強いられることになる。業界定義をさらに細分化して「専門居酒屋」化したチェーンなら互角に戦える、というよりは戦いを回避して影響を免れることができるが、特徴がない旧来の総合居酒屋は、「飲むにはいいが、食事メニューはイマイチ」という弱点を突かれ、日高屋にさらにパイを奪われることになるはずだ。生き残りのために総合居酒屋が専門性を出し、前述のように各々の得意領域に「業界定義」を細分化することが加速することにもつながるだろう。

 さて、顧客のニーズと購買行動同様の変化に機敏に対応し、業界定義を変えて成長した例としては、今回の飲食に限らず優良な事例がある。100円ショップの「セリア」だ。2008年ごろ、100円ショップ業界全体が不景気と原材料費の高騰によって苦しみ、中小零細がバタバタと倒れ、業界第2位のキャンドゥーでさえ大幅な減益に陥っている時、3位のセリアは専門特化=「業界定義」の変更によって業界2位に浮上したのだ。現在のセリア(店舗名は”カラー・ザ・デイズ”)の店内を思い起こせばわかる通り、彼らは商品点数を減らして「オシャレな雑貨」だけに絞り込み、店内装飾・什器を変え旧来の100円ショップにありがちなゴチャとした店舗空間から変え、「オシャレ100円雑貨業界」という新たな「業界定義」を作り出したのだ。それによって、消費者がただの100円ショップの商品に飽き、固く引き締めた財布のヒモを、新たな魅力を創出することで緩ませ、多くの「セリアファン」を産み出して業績を伸長させたのである。

 上記セリアの例のように、「日高屋本格参入による居酒屋業界の変」は、外食・居酒屋業界に限ったことではない。世の中の環境は日々変化し、消費者の購買意向も常に移ろう。その時、どんな業界、もしくは自らが戦う土俵をどのように設定すれば勝てるのかを見抜けるかどうかで、成長・生き残りの未来が大きく変わってくる。それを自分の業界に当てはめて一度考えてみることをお勧めしたい。(金森努)

 →金森努氏の新着記事を受け取る

前のページへ 1|2       

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -