連載
» 2016年09月30日 06時25分 UPDATE

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:JR収益増の秘策「JRデスティネーションキャンペーン」に新たな展開? (2/4)

[杉山淳一,ITmedia]

 旅立つきっかけはさまざまだ。その中で「デスティネーションキャンペーンだから行く」という人は少ない。よほど旅行好きで「デスティネーションキャンペーンの地域に行くとおトクでおもしろいことがある」と認知している人くらいだろう。

 JRグループがかかわっているから、もちろんJRの駅にはポスターがある。TVCMも実施される。旅行会社にはチラシもある。窓口でオススメされたかもしれない。そうした個々の観光地の宣伝やイベント情報をキャッチして、何となく「青森県と函館あたりがおもしろそう」と思わせている。

デスティネーションキャンペーンの公式サイトでPDF版ガイドブックを無料配布中。このページの「いいね」はゼロ。ほかのページの「いいね」は1150(出典:ひと旅 ふた旅、めぐる旅。青森・函館) デスティネーションキャンペーンの公式サイトでPDF版ガイドブックを無料配布中。このページの「いいね」はゼロ。ほかのページの「いいね」は1150(出典:ひと旅 ふた旅、めぐる旅。青森・函館

 鉄道ファンなら、先週末に運行された青森発弘前行の「SL銀河青函DC号」や、7月と9月に山形県の酒田駅や秋田県の湯沢駅と青森駅間で運行された「583系青函DC号」、五能線の「リゾートしらかみ蜃気楼号」に興味があったかもしれない。でも、それぞれの列車に関心を持ったわけで、列車名の由来となったデスティネーションキャンペーンだから旅に出たわけではない。多くの旅行者がデスティネーションキャンペーンの恩恵を受けていて、恐らくデスティネーションキャンペーンを認識していない。現地に行くと、そう書いたノボリが並んでるなあ、とか、新しいゆるキャラのタスキにキャンペーンって書いてあるなあ、という印象を持つくらいだろう。

 それではデスティネーションキャンペーンは失敗かと言えば、数字が示すように大成功である。デスティネーションキャンペーンは、名を捨てて実を取る施策と言っていい。関係者が一致団結して頑張るためのキーワードだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ