ニュース
» 2017年11月02日 19時23分 公開

「海外に魅力ある製品を」 富士通、LenovoとPC事業を合弁化NECとの差別化に懸念も(2/2 ページ)

[濱口翔太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

質疑応答

photo 富士通の田中達也社長(右)とLenovoのヤンチン・ヤン会長

――LenovoはNECとの合弁会社「NECレノボ・ジャパングループ」も運営している。本家Lenovo、NEC、そして富士通の3ブランドがそろった形だが、今後どう使い分けていくのか。

ヤン会長: FCCLはあくまで単独で運営する予定。日本のPC市場により多くの選択肢を提供したい。

――東芝やVAIOなど他のPCメーカーと組んでジョイントベンチャーを立ち上げる可能性はあるのか。

ヤン会長: まずはFCCLを成功させたいと考えている。

――Lenovoの調達力を生かすとのことだが、同様の方針でPC事業を展開するNECと富士通のPCが中身が同じものになってしまう可能性はないのか。

田中社長: 市場を分析しつつ、顧客に提供する付加価値で差別化を図りたい。

――日本では今後、人口減が予測されている。PC需要が今後落ちていく危険性があるのではないか。ゆくゆくは工場を閉鎖したり、NEC・富士通の事業を統合するお考えはあるのか。

ケン・ウォン Lenovoシニアバイスプレジデント: 日本市場は今後数年間は成長が見込まれる。工場の閉鎖や事業の統合は考えていない。

ヤン会長: 富士通のPC事業は利益を生みだしており、さらに価値をもたらす余地がある。このままの勢いを持続していくことが基本的な考え方だ。

――FCCLの今後の目標は?

齋藤社長: 市場成長率以上の伸び率で成長したい。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -