インタビュー
» 2018年02月01日 06時30分 公開

「#つよぽんイリー」で話題 “魔法の翻訳機”「ili」誕生の舞台裏合言葉は「シンプル・イズ・ベスト」(3/3 ページ)

[濱口翔太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

18年中に100万台を売り、“1を100にする”

 ログバーは今後、iliの普及に向けたマーケティング活動を本格化する。吉田社長は「18年中に100万台を売りたい」と意気込む。

 実現に向け、全国のショッピングモールなどに体験スペースを設けたり、イメージキャラクターの草なぎさんが出演するテレビCMを放送したりとさまざまな施策を検討中という。

 米国・中国・韓国など、iliが対応する国でも一般向けモデルを訴求していく。「自国でiliを購入した外国人が、iliを持って日本に遊びに来るケースを増やしたい。韓国語に堪能で、海外での認知度も高い草なぎさんとタッグを組んだ意味はここにもある」という。

photo 海外でのマーケティング活動をさらに強化する(=公式Webサイトより)

 「ビジネスの歴史を振り返ると、大企業が作ったハードウェアが世界でスケールした例はあるが、ベンチャー企業ではあまりない。これを成し遂げることがログバーの目標だ。失敗を乗り越えて作り上げたiliは、スケールするポテンシャルがあると感じている」

 「iliを世界に広める準備ができた17年は、いわば『0を1にした年』。18年は販売実績を向上させ、『1を100にする年』にしたい。『0を100にできる企業』になれれば、当社のノウハウはどの企業にも負けないだろう」

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -