ニュース
» 2018年04月17日 18時51分 公開

空港並みセキュリティにうんざり:トランプタワーの「不人気」、火災で死亡の美術商が露呈 (3/3)

[ロイター]
前のページへ 1|2|3       

<空港並みのセキュリティ>

トランプタワーの訪問客は、シークレット・サービスによる空港スタイルの保安検査を通らなければならない。ブラスナーさんは、トランプ大統領がニューヨークにいる間は、建物に入るのに数時間も待たされることに苦痛を訴えていた。

トランプ氏の当選直後にタワー周辺で盛り上がった抗議活動は、今では鎮静化している。だが一部住人は、大統領に強い反感を抱いたままだという。ニューヨーク市では、2016年の大統領選で民主党候補ヒラリー・クリントン氏の得票率が87%に達していた。

不動産会社ケラー・ウィリアムズNYCで営業を担当するリチャード・タイヤー氏は、選挙後、複数の物件オーナーがトランプ氏との繋がりを絶つために自宅を売りに出したと話す。

「(建物の)名前が理由で手放したがる人々がいた」と、タイヤー氏は語る。今は、トランプタワーの2寝室ある部屋を380万ドルで売り出しているという。

「政治信条が違い過ぎて、一切関わりを持ちたくないのだ」

その一方で、海外バイヤーの多くは現在も、トランプタワーを優良物件と見ており、五番街というロケーションを欲しがるという。

「買い取り価格を提示してくる人たちもいて、彼らはわざと低い価格を提示してくる」と、タイヤー氏は話した。

ニューヨークにある全ての「トランプ」ブランドの不動産価格が下落しているわけではない。ウエストサイドのリンカーンセンター近くに、1990年代から2000年代にかけて竣工したトランプ・プレイスの価格は上昇している。

トランプタワーに住むファッション業界の顧客には、ショーのためニューヨーク市内に滞在する時に部屋を利用するようにして、価格が回復するまで辛抱するよう助言している、とマイトランド氏は言う。

現在のトランプタワーの警備状況は「楽しいものではない」が、利点もある、とマイとランド氏。「あそこに住む人は間違いなく、恐らくこの街で、いえ世界で、最も安全なマンションに住んでいる」

(翻訳:山口香子、編集:下郡美紀)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © Thomson Reuters

注目のテーマ