ニュース
» 2018年04月23日 10時07分 公開

南部鉄器と有田焼で作られた「現代の香炉」:パナソニック若手有志の新たな挑戦 「香り導くサーキュレーター」発売へ (2/5)

[今野大一,ITmedia]

風の強さもシーンに合わせて6段階に変えられる

 「香り導くサーキュレーター」はアロマストーンから出る香りを風が集めて運んでくる。アロマストーンをたくさんおけば香りは強くなり、異なる香りの石を混ぜておけば香りも変えることができる。

 最初にアロマストーンに付属のアロマオイルを一滴垂らし、天板に設置する。天板にある真ちゅうのスイッチを押すと、香りが風に運ばれてくる。アロマオイルは一滴垂らせば一日中香りを持続するという。初回サンプルでは3ミリリットルが入っており、大体2週間程度もつそうだ。そのほか市販されているアロマオイルももちろん使用できる。

phot 球体と土台部分の間に設置されたアロマストーンにアロマオイルを垂らす
phot アロマオイル付きのアロマストーンを土台の真ん中に設置する
phot  土台の真ん中にある真ちゅうのスイッチを押すと風が流れる

 風の強さは6段階あるものの、近くで香りを楽しむためなら1〜2段階目で十分だ。6段階目にするとかなりの風量になる。また、iPhoneやiPadなどのiOS限定でアプリをリモコンにすることもできる。

phot iOSのアプリをリモコンとすることもできる

 アプリでは、シーンに応じておすすめの風量・風向を設定。例えば、リラックスモードでは、自然に近い強弱をつけた風を広範囲に、サーキュレータモードでは強い風も送ることができる。風量、首振り角度、風や光のゆらめきの有無など細かい設定も可能だ。

phot オフィスでの使用イメージ
phot 寝室での使用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -