会社の数字〜注目企業を徹底分析〜
特集
» 2018年04月27日 06時00分 公開

何が悪かったのか:戦う相手が強すぎて衰退した東京チカラめし (4/4)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

どんな戦略を打ち出すべきだったか

 東京チカラめしは、どのような戦略を打ち出すべきだったのだろうか。

 例えば、特定のエリアでニッチな商品で勝負する道もあったはずだ。大きくない商圏で独自の商品やサービスを提供することで堅実な経営を行う飲食チェーンは少なくない。都内の中央線沿いを中心に展開する飲食チェーンには、ボリュームたっぷりの料理を提供する「キッチン男の晩ごはん」や、もつ焼きを提供する「四文屋」がある。「焼き牛丼」というユニークな商品を武器にコツコツと店舗を増やす戦略もあった。

 ニッチなチェーンならば、店舗運営を大手牛丼チェーンとシビアに比較されることはない。多少店内が乱雑でも、「味わい」として顧客に評価される。

 現在、東京チカラめしは「ごはんおかわり自由!」を強く打ち出し、ボリュームのある定食や丼のメニューを強化している。しっかり食べたい客に向けた戦略が軌道に乗れば、再成長できるだろう。

 なお、東京チカラめしを運営する三光マーケティングフーズに編集部より取材を申し込んだが、回答期限までに連絡はなかった。

photo 手ごろな価格でもつ焼きを提供する四文屋(出所:東京都中野区新井薬師駅商店会公式Webサイト)
photo 東京チカラめしは丼や定食で特色を出している(出所:三光マーケティングフーズ公式Webサイト)
photo ボリュームのある定食を強化している(出所:三光マーケティングフーズ公式Webサイト)
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -