なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
ニュース
» 2018年07月31日 13時43分 公開

「郵便局」で売り始めたワケは:発売から1年「折れても元通りになる雨傘」は売れている? 製造元に聞いてみた (3/3)

[濱口翔太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

新色の販売も視野

 そのため、大人用も当面は郵便局や家電量販店、雑貨店での顧客接点を拡大し、さらなる売り上げ本数アップを目指していく。

 「ポキッと折れるんです」はコンビニやスーパーマーケットで売られているビニール傘と差別化できている点が強みだが、「販路拡大に向け、当社の傘をコンビニやスーパーに置いてもらうことも検討中。これから交渉ができれば」という。

photo 新色の展開も視野に入れている

 ゆくゆくは、現在は大人用はホワイトとブラック、子ども用はイエローのみのカラー展開に新色を増やす案も検討中。「売り上げの目標は特に設けていない。これからも工夫し、地道に販売本数を伸ばしていきたい」と金子さんは力を込めた。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -