ニュース
» 2018年09月12日 15時52分 公開

座って食べても高回転:「いきなり!ステーキ」と「俺の」シリーズで、“脱・立ち食い”が進む背景 (2/3)

[昆清徳,ITmedia]

「俺の」シリーズでも立ち食いが消えている

 いきなり!ステーキの創業者である一瀬邦夫社長に「低価格、高単価」というビジネスモデルのヒントを与えたのは、「俺の」シリーズだといわれている。当時、「俺の」シリーズは銀座を中心に原価率60%超で、お値打ち価格の料理を立ち食い形式で提供してきた。

 ただ、「俺の」シリーズでも近年、立ち食いスタイルが消えつつある。広報担当者によると「立ち食いを減らして、椅子席を増やしている」という。

 同社の方向転換を象徴するような店舗が18年8月に東京駅の近くにオープンした。「俺のGrill」だ。席数は138あり、全て椅子席。ステーキを味わいながらバンドの生演奏を聞くことができる。

 メインメニューは「Tボーンステーキ」(3980円、税別、以下同)で、肉は900グラムあり、2人で分け合って食べることを想定している。都内にある有名レストランの3分の1以下の価格で提供しているのがウリだ。つまり、高級料理店と同じ料理を安く提供する基本戦略は変わらない。

 「俺の」シリーズを立ち上げた坂本孝社長は「来店したお客さまの案内時間や調理時間を短縮したり、ディナータイムに時間制限を設けたりすることで、高回転率を維持できる」と語った。

photo 東京駅近くにオープンした「俺のGrill」は全席椅子席になっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -