お店のミライ
ニュース
» 2018年09月18日 13時53分 公開

焼き鳥のCMでは効果大:客単価は平均の2倍以上 ファミマが香取慎吾を引っ張り出して狙う“上顧客”とは? (3/3)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

お母さん食堂の取り組み

 ファミマはこうした環境変化を踏まえ、お総菜と冷凍食品を強化している。例えば、サバの塩焼きではひと手間かけて骨を抜くようにしたり、全体的にだしを生かした味付けをしたりするようにしている。お母さん食堂を陳列する棚も拡大し、これまでは3段だったものを5段に増やす方針だ。

 お母さん食堂のメニューバリエーションも拡大する。ファミマは、家庭でよく食べられるおかずのことを「食卓出現率が高いおかず」と表現している。同社の調査によると、食卓出現率の高いおかずの上位には卵焼き、鶏肉の唐揚げなどがランクインしているが、こういった傾向も踏まえながら、調理の手間がかかる「海老マヨ」「豚ロース生姜焼き」といった商品展開を考えているという。

香取慎吾さんにかける期待

 佐藤氏はリニューアルした焼き鳥が好調だった理由として「香取慎吾さんの力が大きい」と明言した。香取さんのファンには40代の既婚女性も多く、働きながら家族のために食事の準備をしている。今回もお母さん食堂のキャラクターに起用することで、同シリーズの販促に弾みをつけたい考えだ。

photo 香取慎吾さんを起用することで、多くの40代女性の心をつかんだ炭火焼きとりのCM
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -