ニュース
» 2018年09月26日 18時40分 公開

LIXILが普及目指す:スマホから操作「IoT宅配ポスト」発売 複数個の受け取りも可能に (1/3)

LIXILは10月、郵便受けと宅配ボックス、インターホンなどを一体化させた、一戸建て住宅向け「スマート宅配ポスト」を発売する。再配達の増加や宅配事業者の人手不足など、宅配を巡る課題に対応できる製品として普及を目指す。

[加納由希絵,ITmedia]

 LIXILは10月1日、郵便受けと宅配ボックス、インターホンなどを一体化させた、一戸建て住宅向け「スマート宅配ポスト」を発売する。1日に複数の荷物を受け取る機能や、集荷依頼の機能を備える。再配達される荷物の増加や宅配事業者の人手不足など、宅配を巡る課題に対応できる製品として普及を目指す。2020年度に売り上げ15億円、約2万台の販売目標を掲げる。

photo 一戸建て住宅向け「スマート宅配ポスト」。内蔵カメラでスマートフォンとつながる

一戸建ての宅配ボックス普及率は1%未満

 近年、インターネット通販の普及で宅配荷物は増える傾向にあるが、共働き世帯の増加などによって昼間に不在の家庭が増え、約2割が再配達になっているという。宅配事業者のドライバー不足などの問題もあり、集合住宅を中心に宅配ボックスの普及が進んでいる。

 一方、LIXILによると、一戸建て住宅の宅配ボックス普及率は1%未満。今後の市場拡大が見込まれている。

photo シンプルなデザインの「スマート宅配ポスト」

 10月に発売するスマート宅配ポストは、表札、インターホン、郵便ポスト、宅配ボックスの機能が1つにまとまっている。カメラやタッチパネルによって宅配事業者などの来訪を認識し、荷物が投函されるとスマートフォンに通知される。

photo 外扉を開けると、上部に郵便受け、下部に宅配ボックス
photo カメラとタッチパネルが内蔵されている
photophoto 宅配事業者が荷物を入れると(左)、ユーザーのスマホに通知される(右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間