ニュース
» 2018年10月01日 19時18分 公開

「コンパクト・ブルー」も19本に:JT、ウィンストンに「19本入り410円」の新商品 増税後も手に取りやすく

JTが、箱内のたばこ本数を減らすことで価格を抑えた新商品を発表。ウィンストンブランドに「19本入り410円」の新商品を追加する。同ブランドの「コンパクト・ブルー」シリーズも同様の価格設定となる。

[ITmedia]

 JT(日本たばこ産業)は10月1日、味や香りを維持したまま、箱内のたばこ本数を従来の20本から19本に減らすことで価格を抑えた新商品を発表した。同日からたばこ税の増税が施行されたことを踏まえた施策で、11月上旬の発売を予定する。

photo JTの公式Webサイト

 新商品の名称は、ウィンストンブランドの「ウィンストン・コンパクトメンソール・パープル・5・ボックス」「ウィンストン・コンパクトメンソール・パープル・ワン・ボックス」。いずれも19本入りで、価格は410円。

 風味に人気のベリーフレーバーを採用しており、「ほどよいメンソール感とほのかな甘みのベリーテイストが楽しめる」という。パッケージには、ベリーをイメージした紫色基調のグラデーションを施すとしている。

photo 「ウィンストン・コンパクトメンソール」シリーズの詳細(=プレスリリースより)

「コンパクト・ブルー」も19本に

 また、従来から提供していた「ウィンストン・コンパクト・ブルー・6・ボックス」「ウィンストン・コンパクト・ブルー・3・ボックス」「ウィンストン・コンパクト・ブルー・ワン・ボックス」も、19本入りで410円にリニューアルし、11月上旬に再発売する。

 パッケージも「コンパクトメンソール」シリーズと同様、シンプルでモダンなデザインに刷新する予定だ。

 新税制では、紙巻きたばこを2018年、20年、21年に1本当たり1円ずつ値上げするほか、加熱式たばこの税率も今後5年間で段階的に引き上げ、紙巻きたばこの7〜8割程度まで高めることが定められている。

 今回の増税により、「コンパクト・ブルー」シリーズを除くウィンストンブランドの大半は、20本入りで450円に値上げしている。

photo 「ウィンストン・コンパクト・ブルー」シリーズの詳細(=プレスリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -