連載
» 2018年10月09日 10時21分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:業界3位に躍進した「日乃屋カレー」 リピーターを生む味の原点は“昭和の町中華” (5/6)

[長浜淳之介,ITmedia]

“外食の常識”を打ち破れるか

 日乃屋カレーが提供する甘辛味のカレーは、大阪の「上等カレー」とも相通じると顧客に指摘されることがあり、西日本でも受け入れられる素地はありそうだ。

 1000店を超えるCoCo壱番屋以外に、大きなカレーチェーンを形成した例はない。2位のゴーゴーカレーでも70店ほどにとどまる。

 統率力があってFC店を束ねられるようなスーパーバイザーの育成に成功し、各店がこれまで通りブレない味のカレーを提供し続けられるならば、日乃屋カレーが100店、200店と出店するのも可能ではないだろうか。

 日本ではCoCo壱番屋を例外として、カレーチェーンは大きく育たないとされてきた。日乃屋カレーには、この“外食の常識”を打ち破ってほしい。

著者プロフィール

長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ)

兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)など。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -