ヒトオシ
特集
» 2018年10月15日 07時00分 公開

若手がチームを率いた:400万DLの女性向けアプリを立ち上げた、新卒男性リーダーの成長 (1/4)

Gunosyが2017年にリリースした女性向け情報アプリ「LUCRA」が400万ダウンロードを突破。立ち上げたのは、若手男性社員である渡辺謙太さんだ。「若手」「男性」という不利を跳ね飛ばし、新サービスをヒットに導いた渡辺さんの仕事術とは?

[加納由希絵,ITmedia]

 「女性にウケる商品を!」「女性のニーズに対応しよう」という掛け声に頭を悩ませている人は多いのではないだろうか。当事者である女性社員に任せてしまおう、という方法も一つの手かもしれない。

 だが、成果を出す方法は他にもある。女性向けサービスを立ち上げ、ヒットさせた男性もいる。情報キュレーションアプリを運営するGunosy(グノシー)の渡辺謙太さんだ。新卒3年目ながら、執行役員 LUCRA事業部部長を務める。渡辺さんは女性向け情報を配信するアプリ「LUCRA(ルクラ)」の立ち上げに入社1年目から参加し、その後「プロダクトオーナー」に抜てきされた。2017年5月にリリースしたLUCRAは約1年半で400万ダウンロードを達成(18年10月時点)。成長を続けている。

 細やかな“女性目線”が必要なアプリ開発の分野で、どのようにサービスをつくり上げていったのか。若手社員がチームをまとめる難しさも感じたという渡辺さんに、LUCRA立ち上げの経験について聞いた。

photo Gunosy 執行役員 メディア事業本部 LUCRA事業部部長の渡辺謙太さん

男性だけで始まったアプリ開発

 LUCRAは、10代後半〜30代の幅広い世代の女性に向けて、さまざまなトレンド情報などを発信するアプリ。美容、ファッション、ライフスタイル、恋愛、子育て、グルメなどがテーマとなるメディアの記事を独自のアルゴリズムで収集し、配信する。1日の配信本数は1200本以上に上る。

 「女性向けの新サービス」を立ち上げるために、開発が始まったのは17年2月。渡辺さんは大学在学中にインターンシップ生としてGunosyの事業に携わり、16年4月に新卒社員として入社。Webメディアの企画や開発を担当していた。新サービスの開発メンバーとして声をかけられたものの、開発チームは「最初は1人だけだった」という。当時のCTO(最高技術責任者)にサポートしてもらいながらのスタートだった。

 その後、エンジニアを2人採用し、アプリ開発を本格化させた。しかし、男性だけの開発チームはいきなり壁にぶつかった。女性が好むコンテンツや「かわいい」デザインを調べ、それを反映してアプリの試作を重ねたが、「実際に女性に見てもらうと、『違和感がある』という声が絶えませんでした」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -