ヒトオシ
特集
» 2018年10月15日 07時00分 公開

400万DLの女性向けアプリを立ち上げた、新卒男性リーダーの成長若手がチームを率いた(4/4 ページ)

[加納由希絵,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「腹を割って話す」ためのコミュニケーション

photo チームをまとめるために、コミュニケーションを活用したという渡辺さん

 若手でありながらチームをまとめる立場になった渡辺さん。最初は開発メンバーの3人だけだったチームは、今では10人以上の部署になり、さまざまな年齢や立場の人が所属するようになった。「チームが大きくなるにつれて、コミュニケーションの面で悩むこともありました」と振り返る。

 特に、自分よりも年上で経験もあるメンバーには、自分の意思や指示をうまく伝えれらなかった。「どうすれば動いてもらえるのか、分かりませんでした。なかなか腹を割って話すことができなかったんです」

 接し方や指示の出し方など、試行錯誤を重ねて学んだのは、「自分の“弱み”を素直に伝える」ことの大切さだった。チームメンバーの仕事を振り返るだけでなく、自分自身についての振り返りもメンバーと共有する。そして、「自分ができなかったことや苦手なことを1on1(1対1のミーティング)の場で伝えて、助けてもらうようにしました。できないことを素直に伝えると『こうやるといいよ』と教えてくれたり、得意な分野で助けてくれたりする人が増え、とても動きやすくなりました」

 今では「まだパーフェクトではないが、いいチーム」になった。これからもお互いの強みと弱みを理解し合い、より「腹を割って話せる」関係になっていきたいという。「事業をやっていく上で、業績が伸びているときとそうでないときもありますが、良くないときもみんなで頑張れる、変化に強いチームにしていきたいです」と意気込む。

 LUCRAは、コンテンツの改良と開発チームの成長によって進化を続けている。渡辺さんは「LUCRAをより大きなメディアにしていくことが最大のミッション」と語る。さらに、女性のライフスタイルや消費行動をサービスに生かす面白さを知ったことで、「女性向けサービスをさらに深掘りしてみたい」という目標もできた。

 「将来的には、100〜200人が関わる大きな規模の事業を動かしていけるように、ステップアップしていきたいです」と話す渡辺さん。試行錯誤でさまざまな逆風をはねのけた経験は、キャリアの中で大きな自信になった。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -