連載
» 2018年11月12日 06時30分 公開

ジムニー 評判通りの楽しさ池田直渡「週刊モータージャーナル」(4/4 ページ)

[池田直渡,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

新旧の違い

 サブフレームがラバーマウントされ始めて以降、つまりちょうど先代ジムニーの登場前後から、世の中のモノコックシャシーの音と振動の抑制能力の向上には目を見張るものがある。そうした現代の乗り心地を想像すると、新型ジムニーの世界は違う。旧型より向上したとはいえ、その「音・振」が普通にある世界には驚くかもしれないが、タイヤと路面の間で起きていることが、音と振動で正直に伝わる感覚は決して悪くない。むしろそれを好む人も多いと思うのだ。筆者もその一人である。

 最後に旧型と新型で何がどう変わったか? その印象を書いておきたい。最も大きいのは、高速移動の快適性が大幅に改善されたことだろう。無論、長距離ツアラーとしての適性を持つクルマではないが、時速100キロ巡航での静粛性は相当に向上した。助手席の同乗者と声を張ることなく会話ができるし、ラジオを聞くことも可能になった。

 スロットルオフで減速するとき、路面のアンジュレーション(不整)で進路が乱されるクセもだいぶ改善された(旧型の名誉のために言っておくが、決してアンコントローラブルだったわけではなく、ちょっと手間がかかっただけだ)。端的に言って、これまでのジムニーに高速道路ではいろいろ耐える修行気分を味わったものだが、もうそれは心配しなくても良い。得意とは言わないまでも腰が引けるようなものではなくなった。

 室内空間の構築も良くなった。フロントウインドーとサイドウインドーを先代より立てて、屋根面積が広がり、固定スパンを広げられる分、ルーフラック装着時の積載安定度が向上した。それに伴い拡大された頭上空間は旧型よりさらに健康的になった。余談だが、前方空間には最適値と言うものがある。フロントガラスが額に迫ってうっとうしいのは問題外だが、一方で遠すぎるのもまずい。手を伸ばせば窓が拭ける距離こそがベターである。そして新型ジムニーの空間はまさにそう言うものになっている。

タフな印象に仕立てられたインパネ タフな印象に仕立てられたインパネ

 スズキから宿題を出された「厳しいご意見」はなかなか難しい。強いて言えば、小物入れは少々足りない。スマホを収めるポケットが2カ所と2人分のドリンクホルダーがあるが、それ以外にはポケットティッシュひとつ置く場所がない。ドアポケットはそれなりの容量があるが、運転中にアクセスし難いのでNGだ。ただ、小物入れなど、必要があれがいくらでも増設できるので、自分でカスタマイズすれば済む話ではある。

 後は燃費だろうか。一週間で500キロほど走ったトータルの燃費はリッター13.5キロ。小排気量の過給エンジンなので、どうしても燃費が厳しい。昨今、ハイブリッドならはるかに大きく重いクルマでも20キロ程度は走るし、ハイブリッド以外でも14キロ程度をこなすのは当たり前になっている。世間が軽自動車に求めるであろう燃費を考えればだいぶ物足りない。ただし「ジムニーはそれが本来の姿であって燃費スペシャルではない」と言われたらこれもその通りとしか言いようがない。

 もう1点、夜間市街地の右左折で、すっくと立てたサイドウインドーに反対側の街明かりが映り込む。左側の巻き込みを注意しながら左折しようとしていたら、右サイドのウインドーの中で反射光が動いた。ただの映り込みだが、一瞬、自転車かバイクが間近で動いているのかと驚いたことがあった。まあ書いていても難癖に近いと思うが、スペース向上のツケのひとつではある。何よりその映り込みに慣れてしまったとき、もし本当に何かが近づいていたらと思うと怖い部分もある。とはいえ、ここに挙げたどれもが、ジムニーの本質を否定するほどのネガではない。

 結論めいたことを書くと、ジムニーはずっと運転していたいクルマだ。熱い視線を送ってくるおじさんだけでなく、乗る人にとっても幸せなクルマだ。筆者もクルマを返却するとき後ろ髪を引かれた。このクルマと一緒に送る日々はきっと楽しいだろう。それは間違いない。取材で高速を中心に遠出する生活でさえなければなぁと、あるいはそれを含んでも……と今でも思っている。

筆者プロフィール:池田直渡(いけだなおと)

 1965年神奈川県生まれ。1988年企画室ネコ(現ネコ・パブリッシング)入社。取次営業、自動車雑誌(カー・マガジン、オートメンテナンス、オートカー・ジャパン)の編集、イベント事業などを担当。2006年に退社後スパイス コミニケーションズでビジネスニュースサイト「PRONWEB Watch」編集長に就任。2008年に退社。

 現在は編集プロダクション、グラニテを設立し、自動車評論家沢村慎太朗と森慶太による自動車メールマガジン「モータージャーナル」を運営中。

 →メールマガジン「モータージャーナル」


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -