ニュース
» 2018年11月15日 14時29分 公開

混雑や旅費高騰を懸念:19年「GW10連休」はうれしくない? 「サービス業のため無関係・無関心」といった声も……

2019年のGWは祝日に挟まれた4月30日〜5月2日が休日になることで、前後の土日を含めると「GW10連休」が実現する見込みだ。これを受け、オンライン総合旅行サービス「エアトリ」が19年のGWに関する意識調査を実施した結果……

[中澤彩奈,ITmedia]

 2019年のGWは祝日に挟まれた4月30日〜5月2日が休日になることで、前後の土日を含めると「GW10連休」が実現する見込みだ。これを受け、オンライン総合旅行サービス「エアトリ」が実施した19年のGWに関する意識調査の結果を発表した。

photo 19年「GW10連休」はどう過ごしたい?(=エアトリ調べ)

 19年のGWはどのように過ごしたいか聞いたところ「自宅でゆっくり休む」(61%)と回答した人が最も多かった。次いで「海外旅行」(43%)、「国内旅行・帰省」(36%)、「仕事・学習」(23%)、「家族と過ごす」(22%)であることが分かった。

 回答者からは「海外旅行も考えたが、価格が高く断念した」「長期連休はどこも混雑するし、費用が高いので自宅でリフレッシュしたい」など、混雑や旅費高騰を懸念する意見が目立ったという。

photo 19年「GW10連休」はうれしくない?(=エアトリ調べ)

 19年のGWが最長10連休になることについては「とてもうれしい・うれしい」と思う人は47.9%いたものの、22.4%は「あまりうれしくない・全くうれしくない」と回答。やはり、旅行など外出したくても混雑や旅費高騰が予想されるため躊躇(ちゅうちょ)してしまうとの声が多く集まった。

 その他にも「あまりうれしくない・全くうれしくない」と回答した人からは、「医療系に従事していると休めない」「派遣社員だと働いた日数が給料になるのであまりうれしくない」「分散して好きな時に休暇を取れる仕組みだとありがたい」「サービス業のため無関係・無関心」といった意見が寄せられた。

 調査は10月30日〜11月4日にかけて、10〜79歳の男女1117人を対象にインターネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -