なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
ニュース
» 2018年11月23日 06時00分 公開

「鉄板ネタ」にも変化あり:「宇野VS. 羽生」「プーチンの肉体美」……カレンダー商戦を追った (1/3)

2018年も残すところわずかだが、19年用のカレンダー商戦が熱を帯びてきた。どのような商品が売れているのだろうか。取材を進めると「宇野VS. 羽生」「プーチンの肉体美」といったトレンドが見えてきた。

[昆清徳,ITmedia]

 カレンダー商戦が終盤に差し掛かっている。生活雑貨専門店のロフトは9月中旬から品ぞろえを順次拡大し、10月上旬から年末にかけては「最大の展開」(広報担当者)をする。

 カレンダーの種類はさまざまあるが、売れ筋のテーマは大きく変わらないとされてきた。シンプルでスタンダードなものは昔からの定番だが、「花、猫、風景を扱ったものが鉄板」(カレンダーの企画担当編集者)だった。また、人気のアスリートやアイドル、占い関係なども根強い人気を誇っていたが、近年はどのような変化があるのだろうか。

photo ロフトで人気の『2019年1月始まり プーチンカレンダー 卓上 リングタイプ』(出所:ロフト公式Webサイト)

卓上カレンダーが増えている

 年末になると、どの会社にも取引先から届けられたカレンダーが山のように積まれ、総務担当者が「持ち帰ってください」と社員に呼び掛けるのは一種の風物詩的な光景だ。持ち帰ったカレンダーを壁に掛けていた家庭も多かったのではないだろうか。

 しかし、現在はこういった壁掛けタイプの“社用カレンダー”が減少しているため、自分専用の卓上カレンダーを購入するお客が増えているという。ロフトの場合、今では壁掛けカレンダーより卓上カレンダーのほうが売れている。

 広報担当者は、卓上カレンダーを自分の仕事机に置くケースが増えているとみている。お客のニーズはさまざまだが、場所をとらないコンパクトなタイプも人気で、高さが8センチ以下で、PCモニターの下にも置けるような卓上ポスターもある。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間