ニュース
» 2018年11月27日 16時48分 公開

個人向けサービスが中心:みずほFG、LINEと共同でスマホ銀行「LINE Bank」設立へ 20年度開業予定

みずほフィナンシャルグループ(FG)とLINEは11月27日、新銀行「LINE Bank」設立に向け共同出資による準備会社を設立することで合意したと発表。20年度の開業を目指す。

[中澤彩奈,ITmedia]

 みずほフィナンシャルグループ(FG)とLINEは11月27日、新銀行「LINE Bank」設立に向け共同出資による準備会社を設立することで合意したと発表した。2020年度の開業を目指す。

 準備会社の資本金は20億円。LINE Financialが51%、みずほ銀行が49%を出資する。

photo みずほフィナンシャルグループによる発表

 利便性を求める顧客の声に応え、LINE Bankでは全てのサービスをスマートフォンのアプリ上で完結させられるようにする。預金やローンなど、個人向けのサービスを中心に展開していく。現時点では店舗を持つ予定はない。

 みずほFGの担当者は「手数料水準など、具体的なことはまだ決まっていない。みずほ銀行からは人員やノウハウの提供などを通じてサポートしていくことも考えている」と明かした。

photo LINE Financialによる発表

 LINE Financialは保険やローン、仮想通貨などの金融事業領域の事業を強化すべく18年1月に設立された。LINE Bankの設立発表に先立ち、同日に同社の代表取締役社長CEO(最高経営責任者)がみずほFG出身の齊藤哲彦氏に12月1日付で交代すると発表していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間