ニュース
» 2018年11月27日 19時14分 公開

計21車種が対象:BMW、「118d」など約5万台リコール 排ガス冷却装置に不具合、発火の恐れ

BMWが、「BMW 118d」「BMW 218d ActiveTourer」など21車種・計5万3318台をリコール。排気ガス冷却装置の耐久性が不十分であり、火災に至る恐れがあるため。4件の不具合が報告されているが、事故は起きていないという。

[ITmedia]

 BMW日本法人は11月27日、排気ガス冷却装置の耐久性が不十分であり、火災に至る恐れがあるとして、「BMW 118d」「BMW 218d ActiveTourer」「BMW X1 xDrive 18d」など計21車種・5万3318台のリコールを国土交通省に届け出た。

 対象は上記3車種のほか、「BMW X3 xDrive 20d」「BMW X5 xDrive 35d」「MINI Cooper D」などで、2013年12月17日〜17年5月26日にかけて製造されたモデル。

photo リコールの詳細(=公表資料より)

 いずれの車種も、ディーゼルエンジンの排気ガス再循環装置(EGR)モジュール内の排気ガス冷却装置の耐久性が不十分であるため、冷却水が漏れる可能性があるという。

 漏れた場合は、排気ガスに含まれるすすと冷却水が混ざったものが非常に高温になった状態でインテークマニホールド(エンジンに空気を送り込むためのパイプ)に流れ込み、エンジン出力を低下させて火災に至る恐れがあるとしている。

photo 不具合があった箇所(=公表資料より)

 ドイツ本国からの情報によって発覚。これまでに4件の不具合が報告されているが、事故は起きていないという。

 BMWは今後、対象車種全車両のEGRモジュールを点検し、不具合があるものは対策品と交換する。不具合がなかった車両についてもオーナーに注意喚起し、対策品への交換を進めていく計画だ。

 同社はこれから、消費者にはダイレクトメール、整備事業者には機関誌でリコールを通知する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間